創業50年になる塗料屋の二代目です。趣味は遠くは海外近くは温泉旅行です。世界35カ国旅し好きな国はスペイン、音楽はフラメンコ。下手なギターを時々弾いています。


by y-tauchi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

宮崎栄二氏の感動を、もう一度。

自分が感動した講演会の話を、なるべく人に伝える。
そうする事によって、自分の頭の中を、整理し記憶に留める。

インターネットは、便利だ。
宮崎栄二とひくと講演をうまくまとめたブログがあり
勝手に引用させてもらった。

☆「お父さん、お母さんは(子供である)あなたの成長を見るのが楽しみで頑張ったんでしょう」という声に押されて、三光洋服店として26歳で独立。
☆利益率50%のオーダースーツ中心に売上利益を伸ばし、毎月50~60万円の収入(当時の同級生は初任給7~8万円の時代)。
→「俺は商売の天才だ!」と勘違い。
☆28歳の時、周囲からおだてられるようにして香椎アピロス(当時の渕上ユニード)に出店。
☆1000~2000万円の自由なお金ができ、「福岡の名士」になったように錯覚。
☆次第にオーダースーツは売れなくなり、銀行融資の返済を滞納。
→利息60%の高利貸しに手を出し、借金が5,000万円にまで膨らみ倒産。

☆保証人にまで迷惑をかける自己破産は避け、3000万円を5年で返済する計画。
☆友人の会社美紀屋に就職し、贈答品の販売等にも従事。洋服の仕事とかけもちで借金完済。
☆倒産の原因
=「自分が儲かりたい」というエゴ。
☆洋服リフォーム業で再起し、障害者を含めたスタッフ現在157名・40店舗。
☆社員がいてくれたから自分が変わった。

☆社員の誕生日には手書きの手紙+3000円の商品券。
☆社長からのメッセージを社員が鞄に入れて持ち歩き、励みにしてくれていた。
☆人間は本当に苦しんだ時に真価が問われる。他人事ではなく、自分のこと・親兄弟のことと思え。
☆みんなを思いやる気持ちが会社を変える。
☆家族あってこその仕事。

☆7歳の娘が自分のあげたボールを追いかけて、川に落ちて死亡。
☆「幸せとは何か?この子さえ生きていたら何もいらない。」
☆前の日までの自分はどうだったか?
→仕事オンリー
☆私利私欲を捨てることで、風が吹く。

ありがとうございました。
[PR]
by y-tauchi | 2008-01-23 21:19 | 高校野球・箱根駅伝