創業50年になる塗料屋の二代目です。趣味は遠くは海外近くは温泉旅行です。世界35カ国旅し好きな国はスペイン、音楽はフラメンコ。下手なギターを時々弾いています。


by y-tauchi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

よくある質問 ウレタン塗装とオイル塗装の違い

質問が、ありました。

> 塗装についてですが、ウレタン塗装とオイル塗装のちがいがよくわかりません。
> 教えていただけないでしょうか?

●ウレタン塗装とは、木部の表面を硬い塗面を作るウレタン樹脂で覆ってしまう塗装です。塗面の強度としてはとても強い特性を持っており、水や汚れにも強い塗料です。完全に硬化した塗面は水やアルコール、洗剤等で拭いても落ちない強い強度を持ちます。また、樹脂が硬化する作用によって、木部の補強の役割も果たします。

●オイル塗装とは、無垢材の高級家具の仕上げに使用され植物油を主成分とした 塗料を極力材質中に浸透させ、一般の塗装と違い表面に塗膜を作らないので、木の命である木目の美しさやしっとりとした質感がそのまま表現されます。

つるつる感が、お好きならウレタン塗装、ナチュラルな木の質感がお好きならオイル塗装がお薦めです。
[PR]
by y-tauchi | 2008-11-27 07:19 | お客様の声・よくある質問