創業50年になる塗料屋の二代目です。趣味は遠くは海外近くは温泉旅行です。世界35カ国旅し好きな国はスペイン、音楽はフラメンコ。下手なギターを時々弾いています。


by y-tauchi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
京都のH様より「お客様の声」を頂きました。
ペイント工房/信栄商会さま
このたびは立派な机を造っていただき、ありがとうございました。
思っていた以上のものが届き、うれしく思っております。
今年から小学校へ入学する娘も気に入っており
たくさん勉強してくれそうです。
またの機会がありましたら、よろしくお願い致します。

e0036108_20184893.jpg
e0036108_20180972.jpg



[PR]
# by y-tauchi | 2015-04-02 20:19 | お客様の声・よくある質問
「お客様の声」天板用木製テーブル脚Tタイプ 兼用脚 タモ無垢材 無塗装
K県のY様より、頂きました。
タモ材の脚2セット無事に届きました。ありがとうございます。繁忙期の中素早い対応ありがとうございます。おかげさまで2枚の杉天板の使用が可能となり。児童養護施設に寄贈できそうです。写真は天板のスライド防止の枠組みにはめた状態の写真となります。

「店長のコメント」 
有難う御座います。
お客様がDIYでスライド防止の枠組みを作られ、お手持ちの天板が、弊社のT字脚によって使えるようになって嬉しいです。


e0036108_09052334.jpg
e0036108_09052334.jpg




[PR]
# by y-tauchi | 2015-03-24 09:22 | 家具の仕事

この度は大変お世話になりました。

東京のO様よりお客様の声を頂きました。


何度もお手間を取らせてしまい申し訳ありませんでした。

サイズもばっちりでとても素敵です。

取り急ぎ、手元にある写真をお送りいたします。

お電話で話したとおり、オイルのみではなくまず柿渋を塗布しようと思います。

柿渋を塗布いたしましたら、天気のいい日中にきれいな写真を撮影して再度お送りいたします。

柿渋(無臭加工をしているだけの純柿渋)は、水で2~3倍に薄めたものを布巾で塗り乾燥、これを2,3度繰り返す、というやり方でやってみようと思っております。

また、普段のお手入れはアマニ油かミツロウを使用しようと思っております。

何か注意点がございましたらお教えくださいませ。





[PR]
# by y-tauchi | 2015-03-14 11:14 | お客様の声・よくある質問
東京のお客様より、友人のT君を通じ、ご自分の所有物件であるコインランドリーに設置する「コントローラーゲーム機」オーダー制作のご注文を頂きました。
本体木工部分を弊社が担当し、内部機械部分をこの道30年のT君が担当。
結構、苦労しましたが、完成、発送させて頂きます。
e0036108_14291590.jpg
e0036108_18051900.jpg
e0036108_18053200.jpg
e0036108_18054280.jpg

[PR]
# by y-tauchi | 2015-03-11 10:14 | 家具の仕事
京都のM様よりオーダーデスク ウォールナット無垢材をご注文を頂きました。

下記、「お客様の声」です。

デスクをオーダーしていましたMです。本日午前中、デスクが届きました。早速組み立てて設置してもらいましたが、素晴らしい机です。置きたいと思っていた場所にもぴったりで、奥行きも余裕があり、引き出し等の造りも非常にしっかりしていて、大変満足しています。注文してよかったと心から満足いたしました。しばらくは、出来たての机の木の香りも楽しめると思います。組み立て設置後の写真を以下のリンク先に置いておきますので、よかったらご覧くださいませ。写真は商品販売サイト等で販促に使っていただいてもけっこうです。職人の方にも、とても満足していたとお伝えいただければ幸いです。良い仕事をしてくださり、本当にありがとうございました。

e0036108_09220435.jpg
e0036108_09223651.jpg
e0036108_09231167.jpg




[PR]
# by y-tauchi | 2015-03-02 09:29 | お客様の声・よくある質問
東京のA様より、
■メッセージこんにちは。初めてメールさせていただきます。今,リビングテーブルを探しているのですがいまいちぱっとしたものが見つからず,だったらオーダーしてみてはどうかと思いメールした次第です。添付したような小さなネストテーブルを作成していただいた場合の見積もりを教えていただけますでしょうか。素材はタモかナラの集成材が希望です。よろしくお願いいたします。

ネストテーブル1組 
仕様
・材料:ナラ横剥ぎ集成材
・サイズ テーブル大 板厚み30㎜×幅550㎜×奥行550㎜×高さ350㎜
     テーブル小 板厚み30㎜×幅480㎜×奥行550㎜×高さ315㎜
・仕上:オイルクリア塗装

上記、ご注文頂き制作させて頂きました。

下記、お客様の声と画像です。

無事到着しました。
しっかりした造りでとてもよいと思いました。
また何かお願いするかもしれないので,
そのときはよろしくお願いいたします。
ご参考に写真を添付いたします。
どうもありがとうございました。

店長、こちらこそ有難うございました。
e0036108_09471348.jpg

[PR]
# by y-tauchi | 2015-02-23 10:06 | 家具の仕事
家具の材料を、カット販売しているペイント工房、店長田内です。

今回、お客様より、イケアの脚(1350850http://www.ikea.com/jp/ja/catalog/products/50213061/を購入したので
この脚のフレームにジャストサイズの天板を乗せたいとの要望が有りました。

ウォールナット無垢天板とイケア スチール脚の組み合わせ、リーズナブルでとてもカッコいいですね。

好みや予算に応じて、各種天板が選べる、自由度が有って楽しいと思います。

他にもイケア テーブル脚が有ります。

http://www.ikea.com/jp/ja/catalog/products/10279431/
http://www.ikea.com/jp/ja/catalog/products/60288409/
http://www.ikea.com/jp/ja/catalog/products/70247140/
http://www.ikea.com/jp/ja/catalog/products/60247211/
http://www.ikea.com/jp/ja/catalog/products/90279446/
下記、商品ご購入、有難うございました。
■ウォールナット無垢天板http://www.paint-koubou.jp/walnut.htm 無塗装 反り止め兼ずれ防止加工


[PR]
# by y-tauchi | 2015-02-19 10:33 | 家具の材料
福岡市にある、新築の教会施設にイエローポプラで作った「背もたれ付ベンチ」10台を納入。
50年以上は大丈夫な無垢デザイン、室内に合った明るい色をお客様に気に入って頂きました。
お年寄りの信者さんにも楽だと喜んで頂けそうです。
大量のご注文有難う御座いました。
感謝々。

e0036108_19081831.jpg
e0036108_19083291.jpg
e0036108_19085687.jpg
e0036108_19091595.jpg


[PR]
# by y-tauchi | 2015-02-10 19:20 | 家具の仕事
本年度主演男優賞最有力?!
私の仕事、塗料屋に関係する塗装職人を、森三中 大島美幸が映画初主演で人のいい男性を演じるというのに
興味が湧き、見に行って来ました。
ひさしぶりに、たっぷり笑えて、ちょっぴり泣ける、そしてなんだか懐かしい魅力溢れる作品でした。

e0036108_20540714.jpg

[PR]
# by y-tauchi | 2015-01-25 21:16 | 音楽ライブ・映画

これからのビジネス、過去に固執していると、敗者になってしまう。箱根駅伝、青学大が驚異的記録で優勝!

ブログを書かれた藤村 正宏さんはこんな風に書かれていました。

"いかにビジネスを楽しむことができるか。"
"いかに今やっていることをうれしがることができるか。"
"いかに今やっている仕事に感謝できるか。"

--そういうところがこれからの企業の価値を決める。--

吉末博昭さんのフェイスブックより引用


箱根駅伝 今年はちょっとちがった

毎年お正月に見ている「箱根駅伝」。

1月2日のFacebookの朝の投稿でこんな投稿をしました。

お正月になって2日目です。
なんといっても今日は箱根駅伝があります。
これって、大学生が長い距離を交代で走っているだけなのに、面白いですよね。
なんでかな?
そこに物語があるから。
リアルな(リアルと思われる)物語が共感を生む。
人が他人のために(この場合チームや仲間)一所懸命になっている姿は、感動する。
感動っていうのは共感が起きるんですよね。
その姿と自分事を重ねて、感動が生まれるんだな。
というか、こんなふうに言葉にするとちょっと薄っぺらいな。
箱根駅伝が多くの人たちに支持されている本当の価値は、言葉では説明できない。
それは感じとるものだから。
言葉にならない価値。
それが本当の価値なんだ。
あなたの商品や会社の価値も同じです。
東京箱根間往復大学駅伝競走はもうすぐスタートを迎えます。
今日もお正月を楽しんでくださいね。

毎年行く温泉旅館で、必ず2日と3日は見てしまう。
それくらい面白いんだな。

今年はそれがちょっとちがう面白さだった。
そして、見終わったあと、すごい時代になってきたなと実感しました。
今日はそのことを書きます。

青学大が驚異的な記録で優勝

今年はダークホース的存在の、青山学院大学が総合優勝でした。
それも、すごい記録での、圧倒的な優勝。

青学大の勝利を伝える新聞記事

青学大の勝利を伝える新聞記事

タイムは10時間49分27秒。
96年の箱根駅伝の歴史で、初めて10時間50分を切る記録。
それも今年はコース変更のため、過去の記録は参考記録となりますが、コース自体が20メートル長くなっているわけですから、この記録がすごいのはわかります。

歴史的勝利です。
圧倒的な強さだった。
優勝候補といわれていた、駒大は2位でしたが、その駒大に10分50秒という大差をつけて優勝。
他の大学が遅かったわけではなく、青学大が圧倒的に早かった。

2日間かけて、10名の選手が走るのですが、すべての選手がみんないい走りをしました。
特に往路の5区。
箱根の山を登るコース。
神野選手はすごかった。
絶対に抜かれることがないと言われていた、2012年の東洋大学、柏原選手の5区の記録を軽く抜いた。
この5区が20メートル長くなっているのにもかかわらずです。
誰もが信じられないという記録だったのです。

ゴールをTVで見ていましたが、神野選手はゴールした時、さわやかな笑顔でした。
まだまだ余力があるようにすら見えた。
走っているときも、なんだか楽しそうで、自分が走っていることがうれしいくてうれしくてたまらないって感じ。
神野選手だけでなく、今回、青学の選手たちはみんなそうだった。
今、走っているのがうれしい。
そういう表情。
それなのにもかかわらず、10区間のうち5区間で1位、うち2区間は区間新記録。
みんな自分の力以上のものを出しきった感じでした。

復路の7区を走って、区間賞だった小椋選手なんか、こんなこと言っていました。
「ずっと楽しくて、顔、笑っちゃって」
8区の区間賞だった高橋選手も
「最高という言葉以外見つからない。まだ実感が沸かないけど、日本中で僕が一番幸せなんじゃないかというくらい」

すごいなって思った。
みんな楽しそうだったってこと。

今までの常識を覆した青学大のテーマ

今回の青学大の箱根駅伝は、新しい時代の「ありかた」を予兆させるものだった。
陸上の長距離競技って、厳しくて辛いイメージがあります。
でも、今回の青学大の箱根駅伝のテーマ。

「ワクワク大作戦」

ですよ。

監督の原さんがこう言っていた。
「長距離のイメージが厳しい、つらいだけでは、他のスポーツに選手が行ってしまう。楽しくやりたかった」
すごくない?

他の優勝候補のチームって、厳しいですよ。
駒沢大学なんて、めっちゃ厳しいイメージ。
東洋大学なんて「1秒を削れ」、がスローガンですから。
それが青学は「ワクワク大作戦」ですよ。
他のチームからしたら
「何言ってんだよ。そんなちゃらちゃらしたコト言ってんじゃねーよ。駅伝は厳しいもんなんだよ。ふざけんな!」
って感じなんでしょうね。

「ワクワク大作戦、大成功しました!」って原監督が胴上げされたあとのインタビューで答えていました。
「今回はワクワク、ドキドキさせるレースができる」と期待を込めて名付けた作戦名。
その言葉通りの展開だったわけです。
よくこんなテーマを掲げましたよね。

後で聞いたら、この監督、駅伝や陸上のプロじゃないんです。
もちろん若い頃に駅伝もやっていたことはやっていたんですけど、あまりうまくいかなくて箱根駅伝にも無関係だった。
そして、就職して営業をやっていたんです。
もともとビジネスマンだった。
それが後輩から青学大駅伝監督就任の誘いがあり、どうしてもまた駅伝がやりたくて、会社を辞めて監督を引き受けた。
青学大はまったく駅伝実績がない大学です。
有力選手もいないし、環境も整備されていない。
そんなチームを11年間で日本一にしたんです。
今までの常識をもっていたら「ワクワク大作戦」なんてテーマ、設定しないですよ。
まさに「逸脱」しているんですね。

って、ここまで書いてきたらボクが何を言いたいのかわかりますよね。
ビジネスも一緒。
仕事を一緒ってことです。

選手が自分の走りを楽しむ。
ともかく今を楽しんで、感謝して、うれしがる。
そすると、一人一人の能力がマックスに引き出され、すごい結果を生む。
だって、青学大の選手たち、スター選手はいなかったのです。
(これからはみんな注目されるでしょうけど)

これって、駅伝じゃなくてビジネスにそのまま置き換えてみてください。
これが、これからの世の中の「真理」になるのです。

いかにビジネスを楽しむことができるか。
いかに今やっていることをうれしがることができるか。
いかに今やっている仕事に感謝できるか。

そういうところがこれからの企業の価値を決める。
本当に世の中は変わってきました。
よりよい社会、素晴らしい世界になっていく。
そう思うんです。

そして、そういう世界を創り出すのは、あなた自身です。
楽しみながら、面白がりながら、感謝してうれしがりながら、ビジネスをやることです。
と言ってしまうとまだまだ足りないんですけど。
言葉にしてしまうとなんだか薄っぺらいけど(笑)。
言葉にできませんが、そういうふうに方向づけられているんです。

青学大の箱根駅伝のレースを観ながら、世の中本当に変わったんだ。
そう実感した2日間でした。


藤村様フェイスブック投稿より引用。
1958年、北海道釧路生まれ。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。集客施設や企業のコンサルティングを行っている。コストをあまりかけない、誰でもカンタンにできる手法で、圧倒的な成果をあげている。 執筆活動、講演活動もする。現在フリーパレット集客施設研究所主宰。


[PR]
# by y-tauchi | 2015-01-05 10:35 | 高校野球・箱根駅伝